健康

【備忘】新型コロナワクチンを打ってみる@東京都大田区

新型コロナウイルスの登場でガラリと世界が変わってしまって早1年。

ようやく私のような一般人にもワクチンが届く…!状態になりつつある2021年8月です。

こんなことはあんまりない経験だから、いつか思い出したときのために記録しておこうと思います。

接種券が届いたのは7月3日

国内でワクチン接種が始まったのは2021年2月頃?最初は医療従事者の方に、次に65歳以上の高齢者に、という順番だったと思います。

同じく大田区在住の両親(65歳以上)には、5月下旬に接種券が届きました。が、大田区の予約はなかなか取れず、国が主導していた大規模接種会場(大手町)の予約の方が先に取れ、6月中にはふたりとも大手町で接種。

大規模接種会場はすいているらしいのに、接種券が届かないよ~という状態がしばらく続き、我が家に接種券が届いたのは7月3日。

ただし大田区の予約は世代別にスタートするとのことで、すぐには予約できません。

40歳~59歳は一番あとまわし…

接種券が届き、大田区の予約システムも稼働し始めているようでしたが、ログインできるのは世代別。

高齢者の接種が終わった後は、12~18歳 → 19~39歳 → 40~59歳とシステムが解放されていきます。なんと、大田区は若年層が優先なのね…!(自治体によって違うようです)

ちなみに私はいま39歳でして。

7月14日に予約取るぞ~と思ったらはじかれてしまいました…学年ベースで40~59歳に入るらしい。そうか、40代か…と無駄にショックを受けました(どうでもいい)

7月20日、予約開始!

大手町の大規模接種会場もあっというまに受付終了していて、結局大田区のシステム開始を待つことに。

(ちなみに、大田区でも、大規模接種会場か個別クリニックかの選択肢があります。クリニックによっては年齢関係なく電話で受け付けをしているところもあったようですが、個人的にかかりつけというほどの病院はなく。診察券を持っているクリニックのHPを調べてみましたが、予約はあっというまに埋まっていて、まあ自分は健康だし、大規模接種会場があくのを待つか、という結論に)

7月20日朝8時半!早速システムにログインしてみます。

使いやすい…とは言い難いけど、会場を選び、なんとか予約ができました。

ファイザーとモデルナの会場があり、自分で選べます。ただ、ファイザーは供給が減っていくらしく、8月からはモデルナの会場が増えていくようでした。

そもそもログインできた時点で、8月中旬くらいしか取れない状況。あれこれ見ているうちにどんどん枠が埋まってきて、「とりあえずどっちでもいいから近所の会場で取らねばー!」って感じになり、モデルナを打つ会場で8月11日と9月14日を取りました。

1回目・2回目ともに自分で予約するスタイルなので、打つ間隔を自分で調整する必要があります。ファイザーだったら3週間、モデルナは4週間あけて、と記載がありましたが、これみんなちゃんとわかって取れるのかな…

*その後も時々予約サイトを見ていると、空き枠が変動するようで、2回目接種の日をもう少し近く取り直しました

*このころはもう「職域接種」というのがはじまっていて、企業に勤めている友人などは6~7月上旬にすでに打てている人もいました

8月11日、1回目。

待ちに待った1回目!

15分前に会場に着き、待機。1回の枠は30人くらいのよう。時間になると接種会場に案内され、予診票の確認。4~5人ずつ中に進み、問診→接種→待機(15分)と、流れるような作業であっというまに接種は終わりました。

ちくり…じわ~って感じで、すぐに痛みはひきました。

接種→待機の場所には小さなスピーカーが置かれ、職員の方がかけているのか、謎のJ-popが流れていました。緊張をやわらげるため…?

案内の係員の方も、問診のお医者さんも、接種のお医者さんも、ものすごく感じがよかったです。とくに待機の場所を見ている職員さんは、「体調に変化はないですか?待たせてすみませんね~、あと5分ですよ」などマメに声をかけてくださり、なんて丁寧なんだ…とびっくりしました。

スピッツや森山直太朗が流れているのを数曲聞いて、15分経ったら解散。2回目の予診票をもらい、帰路につきました。

ワクチン1回目の後

1回目ワクチンを打ったのは8月11日の夜7時。その日はちょっと腕がだるいかな?って感じ。お風呂も入っていいそうです(打った場所はこすらないでと言われました)。

翌日も熱は出ず。でも打った腕はけっこう痛い。強めの筋肉痛みたいな感じが続いています。

(続)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です